ピコレーザートーニングとは

「ピコ」とは、レーザー光が出力されている時間です。
1兆分の1秒という速さで照射することによって、従来のレーザーより痛みが少なく、より効果が高い治療ができるようになりました。

ピコレーザートーニングとは、1064nmの波長のレーザー光真皮層のメラニンにまで届き、細かく破壊することでシミや肝斑、くすみなどの色素を徐々に薄くしていく治療です。

ピコレーザートーニングの3つの特長

◆ 痛みが少ない

ピコレーザートーニングは、レーザー光の熱作用ではなく、光そのものの衝撃波でシミやソバカス、肝斑などの小さな色素をピンポイントで破壊します。
さらにピコ秒で照射することで、火傷のリスクを低減して、色素周辺へ過度なダメージを与えることも無く、
痛みの少ない治療が可能です。

◆ 効果が高い

ピコレーザートーニングのレーザー光は、光の粒子が小さいので、従来のレーザーでは破壊できなかった大きさの色素も、さらに細かく、超微粒子の大きさにまで破壊することが出来ます。
ピコ秒で照射するので、火傷をしにくく、その分、強いレーザーを照射することが出来ます。
細かくなった色素は新陳代謝で排出されやすくなります。肌全体のトーンアップにも高い効果が得られます。

◆ 治療時間が短い

治療効果が高いので、少ない回数で色素を薄くすることが出来ます。
シミや肝斑が目立たなくなった後は、新しいシミが出てこないように定期的に治療することで、美しい肌を持続させることができます。
また、レーザー光が肌全体に刺激を与えることで肌細胞を活性化させて、ターンオーバーを促進します。
コラーゲンの生成も増加するので、肌に弾力も出てきます。
毛穴も引き締まり、内側からキメ細かな美しい肌に生まれかわってきます。

ピコレーザートーニング 料金表

1回¥11,000(税込)

シミ取りマシン比較表

深度(数値)平均テープ・軟膏かさぶた炎症性色素沈着(PIH)
レブライトS1(スポット)532nm(ナノ秒) 浅1回必要出来る出る
ピコスポット532nm(ピコ秒) 浅1回なし出来る出る
ライムライト520~1100nm 浅~中層3回~5回なし出来る出る
M22515~695nm 浅~中層3回~5回なし出来る出る
レブライトS1(レーザートーニング)1064nm(ナノ秒) 深20回なし出来ない出ない
ピコレーザートーニング1064nm(ピコ秒) 深10回なし出来ない出ない

ご予約はLINEまたはお電話(045-440-5036)にて承っております。

LINEご予約の方はトークへ
お名前・お電話番号・生年月日・希望施術・希望日時(第3希望まで)を記載してご予約ください。